潤いキープ

手肌の美しい印象を保つためには、手荒れの症状は禁物です。 手荒れが激しいと、手肌から与える印象も悪くなってしまいますし、実際の年齢よりも、老けてみられる機会が多くなってしまいます。

では、手荒れを防ぐためには、何に気をつければいいのでしょうか? その答えは、保湿です。

お肌は意外と簡単に乾燥してしまいます。 太陽による紫外線はもちろんのこと、空気の乾燥やエアコンによる湿度の低下、日々行われる手洗いでも、手肌のうるおいは失われてしまうものです。

手肌の乾燥が進んでしまうと、やがて角質層に亀裂が入り、ひび・あかぎれなどの症状を引き起こしてしまいます。

しっかりとハンドクリームで手肌を保湿し、乾燥からくるお肌トラブルを未然に防いであげましょう。
また、ハンドクリームによるケアを行う場合、意識するべきポイントが、こまめな頻度で、お肌が乾燥する前に、うるおいをチャージしてあげるというポイントです。

キッチンや洗面所などの水廻りにハンドローションを常備しておくことはもちろんのこと、お化粧ポーチの中は、ベッドのそばなど、いつでもどこでも、手肌の保湿ケアができるように、ハンドクリームを常備しておくようにしましょう。

手肌の乾燥を防ぐためには、気になった瞬間に、しっかりと保湿をしてあげる、こまめな頻度のケアが重要ですので、すぐに保湿ケアができるように、ハンドクリームは常にそばに置いておくようにしましょう。