塗り方とは

ハンドクリームを活用する場合、どのようにして手肌に塗ってあげることが最適なのでしょうか?

それは、手肌のすみずみまで、しっかりとやさしくいたわるような気持ちで、丁寧に保湿ケアをしてあげることが重要なのです。

もちろん、指先や爪にもしっかりとハンドクリームをつけるようにしましょう。 また、保湿ケアの時間がたっぷり取れるときには、指一本一本まで、しっかりとうるおいで包むように、爪や爪のまわりにも丁寧にハンドクリームをなじませるように配慮しましょう。

さらに、保湿ケアを行う際には、手指のマッサージをしてあげることも効果的。 保湿ケアと併せて、一石二鳥のケアができますので、メリットがたくさんあります。

ハンドケアをしている最中の手指は、ハンドクリームによってなめらかなお肌になっていますので、丁寧にマッサージをしてあげることができます。

一日、酷使した手指をマッサージしてあげることで、リラックス効果も期待できますので、より、保湿ケアもリラックスして取り組むことができます。 ハンドケアの基本は、指先までしっかりとめぐりを促し、爪や爪のまわりにも、水分と油分を与えてあげることです。

そうすることで、乾燥からくるささくれや爪の割れといった症状も防いであげることができるのです。
ハンドクリームによる保湿ケアは、すみずみまでうるおいで包んであげるよう、気持ちを込めて丁寧に行ってくださいね。